くびれを作る方法 スタイルのいい身体になる方法

くびれのあるナイスボディーに憧れる女性は多いでしょう。ここではくびれを作る方法について紹介しましょう。

 

くびれを作る食生活

くびれを作る上で気を付けたいのが食生活です。特に冷たいものばかり食べるのはよくありません。冷たいものばかり食べていると血行不良の状態になり、基礎代謝や新陳代謝の低下につながり、痩せにくい体質になってしまいます。痩せにくい体質になると脂肪をため込みやすくなるので、温かい食べ物や飲み物を積極的に摂取しましょう。温かい食べ物は体を芯から温めてくれます。食べたものは腸に運ばれますが、温かければ内臓の温度を冷やすことはありません。内臓を冷やさないことで基礎代謝や新陳代謝の低下を予防でき、内臓脂肪を燃焼しやすい体質を維持できるのです。また脂っこいものばかり食べていると脂肪が付きやすくなるので食べ過ぎには注意が必要です。

 

運動

くびれのある体型にするためにはエクササイズを行うのが最も理想的でしょう。お腹周りの筋肉を増やし、代謝を向上させればバストやヒップを維持したままくびれのあるウエストラインになれます。特におすすめのエクササイズが腰回しです。このエクササイズは3分間腰回しを行うだけでOK。テレビを見ながらでも、家事をしながらでも空いた時間にできるのでお手軽ですね。またツイスト運動もおすすめのエクササイズの1つ。ツイスト運動は腰を左右にねじるだけ。回す必要もないのでさらに簡単ですね。普段の生活であまり使用しない筋肉を直接刺激できるのでくびれが出来やすいです。

 

くびれて見える服装

くびれを作ることも重要ですが、くびれて見えるようなファッションをすることも重要でしょう。ここではくびれて見える服装をご紹介しましょう。まずどんな服でもウエストをしっかりとマークすることでくびれを強調できます。例えばワンピースであればウエストラインで切り替えのあるものを選べばくびれを強調できますね。またチュニックなど長い丈のトップスを着る時にはベルトなどを使ってウエストをマークしてみましょう。さらにシャツなどトップスをスカートやズボンにインすることでくびれて見えますよ。最近はトップスをインするファッションが流行していますので、ちょうどよいですね。